会員登録ログイン

業界マップ

自動車

国内新車販売3年連続500万台超と好調だが、 自動車開発の大きな転換期を迎え、各社とも構造改革に注力。

四輪車

売上高/30兆2257億円(19・3連)
国内登録台数/147.1万台(2018年)
売上高/15兆8886億円(19・3連)
国内登録台数/37.7万台(2018年)
売上高/11兆5742億円(19・3連)
国内登録台数/42.6万台(2018年)
売上高/3兆8715億円(19・3連)
国内登録台数/12.7万台(2018年)
売上高/3兆5647億円(19・3連)
国内登録台数/17.8万台(2018年)
売上高/3兆1605億円(19・3連)
国内登録台数/11.9万台(2018年)
売上高/2兆5146億円(19・3連)
国内登録台数/4.6万台(2018年)
売上高/非公開
国内登録台数/3.5万台(2018年)

二輪車

売上高(部)/2兆1002億円(19・3連)
売上高(部)/1兆0222億円(18・12)
売上高(部)/2551億円(19・3連)

トラック・バス

売上高/2兆1492億円(19・3連)
国内登録台数/7.6万台(2018年)
売上高/1兆9813億円(19・3連)
国内登録台数/7万台(2018年)
売上高/7292億円(18・12)
国内登録台数/4.2万台(2018年)
売上高/2565億円(18・12)
国内登録台数/0.9万台(2018年)

世界的にメーカー間の合従連衡が加速

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2018年の国内新車販売台数は、前年比0.7%微増の総計は527万2067台で、2年連続500万台を突破と好調だ。しかし、自動車開発をめぐる大きな技術革新の波の中、各社とも危機感を抱いている。100年に1度と言われる大きな転換期を迎え、各社が生き残りのために業務提携、資本提携を進めている。AIを活用した自動運転の実用化が進む中、IT大手企業など異業種も含めた大競争時代に突入。今まで以上の合併集約が起こると見られている。

次世代に向け変化する自動車開発

自動車業界は、ハイブリッドカー、電気自動車、水素自動車などの次世代自動車を開発し実用化してきている。中国は2019年から各社の年間生産台数に応じ、電気自動車(EV)またはプラグインハイブリッド車(PHV)の生産を義務付けた。「温室効果ガス排出量を2030年度に2013年度比26.0%減」と宣言する日本は、EVの開発体制の見直しをするなど、電動化への戦略転換を加速させている。自動運転も本格化する中、今後の自動車開発はIT技術が左右するのは確実と言われており、各社ともIT技術力向上の策を練っている。